ノンエーローションの効果的な使い方!

ノンエーローション 使い方

ノンエーローションの効果的な使い方を説明していきます。ノンエーローションの効果的な使い方は、これです!

 

ノンエーの洗顔石鹸で洗顔した後に、ノンエーローションを使います。ノンエーローションは、化粧水のような役割で、洗顔後の肌に水分を与えてくれます。

 

洗顔後に、ノンエーローションを使う。これが、効果的な使い方です。

ここで終わっては、説明が足りないので、実際にノンエーローションをつけるにはどうするのがベストなのか、紹介しますね。

 

1.使うのは、洗顔後です。まずはノンエーローションのボトルを顔から20センチほど話したところにもっていきます。そして、目にはいらないように目を閉じてから、顔全体にスプレーします。目安として、中央に1回、オデコに1回、アゴに1回、左右の頬に1回ずつの合計5回ほどスプレーすれば、顔全体にいきわたるのでは。

 

2.それから、手であたためるように顔全体になじませます。この時、ごしごしこするイメージではなくて、手を肌にあててこすらず、スプレーしたノンエーローションをあたためてなじませていくイメージです。手をあてて、あったかいなあと感じるまでなじませるイメージです。

 

ノンエーローションは、このようにスプレーしてから手でなじませると、効果的な使い方ができますよ。

ノンエージェルの効果的な使い方!

ノンエージェル 使い方

ノンエージェルの効果的な使い方の説明コーナーです。

 

ノンエージェルは、ノンエーの洗顔後、さらにノンエーローションという化粧水をつけた後に使うとより効果が発揮されるのです。

 

 

なぜなら、ノンエージェルはニキビケアを考えて作られている保湿のための乳液だからです。ニキビケアには、保湿が大切です。乾燥でニキビは悪化します。皮脂が多すぎてもニキビは悪化します。毛穴の汚れ、皮脂汚れをキレイにした後は、肌にしっかり水分を与えて肌を健康で良い状態に保つことです。

 

そのためのノンエージェルです。

 

実際にノンエージェルを使う時にはどうするのか、説明コーナーです。

1.まず、ノンエージェルを手に持ちます。

 

2.次に、反対側の手に1~3回プッシュします。

 

3.それから、手のひらでなじませます。肌と同じくらいになるようにあたためるということです。これで、ノンエージェルが肌に浸透しやすくなりました。

 

4.最後に、顔全体になじませます。この時に、ごしごしこすらないでくださいね。ノンエージェルのついたてのひらを、肌に押し当てていくイメージです。顔にまんべんなくなじませていきます。

 

これで、ノンエージェルの効果的な使い方の説明おしまいです。
説明書にある通りに、自己流アレンジなしで使ってください。

 

>>市販の薬局やドラッグストアにはないノンエーの詳細はこちら