リプロスキンとノンエーの特徴

リプロスキン対ノンエーはどちらがニキビにおすすめかご紹介します。リプロスキンとノンエーの特徴から、どちらがニキビにおすすめか比較していきます。

 

リプロスキンの特徴を説明します。

リプロスキン特徴

リプロスキンは、2018ミスユニバースジャパン新潟の公認です。

 

ニキビ跡のケアとして、柔らかい肌を作り出します。リプロスキンは、成分を小さくして表面に留まらせる成分と、早く肌の中まで浸透させる成分があります。なかなか浸透しにくい成分も、ブースターという技術で引き込むことができます。

 

米ぬかエキスをはじめ、美容成分が16種類配合されています。もちろん、無添加です。朝晩2回、適度な量を手にとり、数秒あたためてから顔全体に浸透させていくという簡単なケア方法です。そして、60日間返金保証があります。

 

ノンエーの特徴を説明します。

ノンエー特徴

ノンエーは、ニキビ専用の薬用洗顔石鹸です。

 

ニキビケアの2大要素である洗浄と保湿が、洗顔だけで完結します。泡立てネットでしっかりと弾力のある細かい泡を作ったら。顔に乗せていきます。細かい泡は、毛穴の奥まで入りこんで汚れを吸着してくれます。これで、肌はキレイになります。

 

さらに、ノンエーには、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアが配合されています。これらは、肌に栄養と水分を与え、その状態を保ってくれる保湿の役割をしてくれます。そして、公式サイトからの初回購入時限定で、全額返金保証があります。

リプロスキン対ノンエーどちらがニキビにおすすめ?

リプロスキンとノンエーでは、どちらがニキビにおすすめか、考察してみました。

 

リプロスキン

リプロスキンは、柔らかい肌つくりのために、美容成分を肌の奥まで浸透させてくれます。表面ではじかれやすい成分も、肌に引き込んで浸透させることを考えて作られています。

 

化粧水のように、肌に浸透させていきます。

 

ノンエー

ノンエーは、洗顔石鹸です。ニキビのあるところでも、細かい泡が毛穴の奥まで入りこんで、汚れを落としてくれるのです。そのあとは、ノンエーに含まれている3つの美容成分でもある保湿成分が、肌に水分を与え、うるおいのある状態を保ってくれるのです。

 

それが、洗顔ひとつでできるので、簡単です。時間のかかるニキビケアも、楽に続けることができます。

 

・リプロスキンは、洗顔後に化粧水としてニキビケアに使うものですね。
・ノンエーは、洗顔と保湿がひとつでできるのです。

 

ニキビにおすすめできるという理由は、洗浄できるかと保湿でいるか、というポイントです。どちらもクリアしていないと、ニキビケアにはなりません。

 

洗浄と保湿ができる点からしても、リプロスキン対ノンエーでは、どちらがニキビにおすすめなのかは明白です。

 

リプロスキン対ノンエーで、ノンエーの方がニキビにはおすすめなのです。

 

>>ノンエーが最安値購入できる公式サイトはこちら