DHCアクネコントロール洗顔フォームとノンエーの特徴

DHCアクネコントロール洗顔フォーム対ノンエーはどちらがニキビにおすすめかご紹介します。DHCアクネコントロール洗顔フォームとノンエーの特徴から、どちらがニキビにおすすめか比較していきます。

 

DHCアクネコントロール洗顔フォームの特徴です。

DHCアクネコントロール洗顔フォーム特徴

適量を手にだして、泡立ててから使います。キメ細かい泡ができるので、毛穴を詰まらせている皮脂汚れや古い角質を簡単に除去できます。

 

成分は、ビタミンC誘導体やホエイ、植物エキスといったものが保湿してくれます。また、グリチルリチン酸ジカリウムが肌あれを防いでくれます。肌の状態を良い状態に保つことを考えて、作られていますね。

 

チューブ入りで、比較的安価なのでどんどん使っていけるのが、DHCアクネコントロール洗顔フォームのよいところです。

 

ノンエーの特徴です。

ノンエー特徴

ノンエーは固形石鹸なのですが、洗う時に直接肌に石鹸をつけるのではなく、泡立てネットで泡立てて使います。泡が毛穴の奥まで入りこんでくれるので、汚れが落ちてくれるのです。

 

泡洗顔で、肌に直接手が触れません。摩擦という刺激から肌を守ってくれているのです。刺激嫌いのニキビケアには、とてもよいことです。洗顔後は、ノンエーに含まれている保湿成分が働いてくれます。

 

ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアという成分は、肌にうるおいを与えてキープしてくれるのです。それが、洗顔だけでできてしまうのが、ノンエーでニキビケアをする良いところです。

 

DHCアクネコントロール洗顔フォームとノンエーの特徴、特に良いところを紹介しました。

DHCアクネコントロール洗顔フォーム対ノンエーどちらがニキビにおすすめ?

DHCアクネコントロール洗顔フォーム対ノンエーどちらがニキビにおすすめなのか、ひとつひとつみていきましょう。

 

対決その1は、洗う前の準備です。

どちらも泡洗顔です。ニキビの敵である刺激から肌を守ってくれる刺激なしの洗顔方法です。

 

DHCアクネコントロール洗顔フォームは、手に取って泡立てて使います。

 

ノンエーは、泡立てネットに4~5回すべらせて泡立てます。

 

ノンエーの方が、ネットの力でしっかり細かい泡ができます。また、固形石鹸なのできちんと保管すれば長持ちします。

 

対決その2は、コストパフォーマンスです。

DHCアクネコントロール洗顔フォームは、130グラムで1080円(税込)です。安価なので、気にせず使っていけますね。また、DHCということで商品は通販もできるし、市販されている店から探すこともできます。手軽に買いに行けるというイメージですね。

 

ノンエーは、100グラム2940円(税込)送料540円で、3480円からです。固形石鹸としては、かなり高額です。

 

ただし、1個100グラムのノンエーは、それだけで2ヶ月から3ヶ月は使えます。1回の使用料が少なくて済むからです。しっかり泡立てれば長く使えるのです。

 

対決その3は、はじめて使う時の安心感です。

DHCアクネコントロール洗顔フォームは、お店で買うので、必要なら店員さんに聞くことができます。または、会社のサイトから調べたり問い合わせたりもできます。

 

ノンエーは、公式サイトから正規品を買うことで、初回購入時限定全額返金保証という特典があります。満足できなければ返してお金も戻ってくるという制度です。これが安心して使い始めることができるノンエーなのです。

 

以上のことから、ノンエーの方がニキビにはおすすめできるのです。

 

>>ノンエーが最安値購入できる公式サイトはこちら