ノンエーとノンエーローションの相性はどうなの?

ノンエーとノンエーローションの相性

 

ノンエーとノンエーローションの相性は、どうなのでしょう。相性は、はっきりいってグッドです。

 

なぜなら、ノンエーの固形洗顔石鹸と、ノンエーローションは、同じプライマリーというメーカーのものだからです。そして、どちらもニキビケアのことを考えて作られているからです。

 

ノンエーという固形の洗顔石鹸は、泡で毛穴の奥まで入りこみ、汚れをしっかり落としてくれます。そして、石鹸に含まれている保湿成分が、肌にうるおいを与えてくれるのです。

 

ただ、時と場合によってはうるおい成分まで洗い流されてしまい、肌に充分なうるおいが欠けてしまうことがあります。乾燥は、ニキビにとって大敵です。なぜなら、乾燥がニキビを増やす原因となるからです。乾燥は、肌にとっては刺激をダイレクトに伝えてしまうものなのです。

 

そこで、ノンエーローションです。

 

化粧水のような役割で、ノンエーローションは肌にうるおいを与えてくれます。

もちろん、天然成分からできているので安心です。うるおいのほか、ニキビケアに必要な成分も含まれています。甘草エキス、ヨーグルト液、レモングラスエキスなどです。

 

ノンエーで洗顔した後、ノンエーローションを使うことで、ニキビケアはばっちりです。
ノンエーとノンエーローションの相性は、とてもよいものです。

ノンエーとノンエージェルの相性はどうなの?

ノンエーとノンエージェルの相性

 

ノンエーとノンエージェルの相性というのは、どうなっているのでしょう。
答えは、とっても相性はよいです。

 

「ノンエー」という名前が示す通り、ノンエーの洗顔石鹸とノンエージェルは、同じプライマリーという会社が製造販売しています。そして、このプライマリーの洗顔石鹸もジェルも、ニキビケアということを考えて作られているものです。

 

ノンエージェルの商品詳細ページには、使い方に、ノンエーで洗顔してノンエーローションをつけたそのあとに、ノンエージェルを使うと表記してあります。

 

ノンエージェルというのは、乳液の役割をしているといえますね。

乳液は、肌にフタをして、保湿成分をキープしておくということです。これで、肌の表面に水分が保たれ、肌は乾燥知らずになります。保湿されていると、肌の内側で炎症はおさまってきて、ニキビは少しずつでも小さくなっていくということなのです。

 

ノンエージェルの成分は、どうなっているのでしょう。

ソルビトール、アルギニンといった栄養成分のほか、花や根、葉のエキスといった自然のものからできています。また、グリチルリチン酸ジカリウム、ヒアルロン酸など、保湿には欠かせない成分も入っているのです。

 

ノンエーという洗顔石鹸と、ノンエージェルは、相性がとても良いです。いっしょに使うことで、よりニキビケアになります。

 

>>ノンエーが最安値購入できる公式サイトはこちら